ペイント
イメージ
コーキング材の種類について
シリコン系コーキング材

[特徴] 材料の中には防カビの物もあり、お風呂場や洗面台、キッチンの流し台などの水周りの目地・隙間などに充填するのに適しています。

変性シリコン系コーキング材

[特徴] シリコン系コーキング材に近い性質で、耐熱性・耐久性が良く、上に塗装する事も可能です。

ウレタン系コーキング材

仕上げ塗材への非汚染性・付着性に優れたノンブリードタイプを使用し、コンクリート・スレート・ALC板などの塗装仕上げを行う目地に使用されています。

イメージ
防水工事の目的
コンクリートの保護

防水性を蘇らせて、雨水の侵入によって起こる、
コンクリート(強アルカリ性)の中性化を抑制し
長期的に建物の強度を維持する。

雨漏りを未然に防ぐ

建物の役割は、「生活環境を守る」こと。
防水工事で、雨水等の侵入防止と給排水等の漏水を防止し、その「品質」と「機能」が維持されることが重要です。

コンクリートが中性化すると強度が弱くなる
メンテナンス時期

目には見えない箇所ですが、建物の耐久性を左右する重要な工事。
10~15年を目安に、防水工事することをおすすめします。
また、『防水層表面のひび割れや塗装材の剥がれ』『防水シートのめくれやジョイントの
ずれ』『継ぎ目に雑草が生えてしまった』など、が見られたら防水層が傷んでる証拠です。
早めの防水工事をおすすめします。

防水工事の種類
ウレタン防水

通気効果と緩衝効果を併せ持つシートの上にウレタン塗膜防水層を塗り重ねます。防水層が下地と部分密着しているため、優れた安定性と耐久性を発揮します。通気緩衝層が下地の水分を逃がすので、ふくれを防止するとともに下地の挙動を緩衝し、下地クラックの隙間ゼロの状態から防水層の破断を防ぎます。残留水分の多い 改修防水に適しています。また、オプションで遮熱仕様にも変更できます。

イメージ
塩ビシート防水

塩化ビニル樹脂で作られた防水シートを接着剤などで下地に貼り付けます。防水層のふくれが発生しにくく、意匠性に優れています。また、定期的なトップコートを塗るメンテナンスを必要としません。鳥害(カラス等のついばみによる穴あけ事故)にも強いのが特徴です。露出防水仕様で軽量のため、構造体への負担を軽減し、防水層のメンテナンスが目視で確認できる。 また、遮熱対応の塩ビシートもあります。

イメージ
FPR防水

軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れています。防水層は、液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、この混合物をガラス繊維などの補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水です。その防水層は、継ぎ目のない層となり、きれいな仕上がりとなります。用途も大小問わず、屋上やバルコニー、駐車場の床、屋上緑化防水、薬品槽、下水道施設など耐蝕性が必要な場所など、幅広く使われている防水工法です。速硬化タイプなので、約1日~2日で施工を完了できるのも特徴です。

イメージ
防滑性ビニール床シート

高層住宅やマンション、アパートなどの階段や廊下は、雨水によって滑りやすくなるもの。 また、深夜や早朝などの歩行音も気になる・・・
そこで、転倒防止や騒音軽減に役立つのが、防滑性ビニール床シート。衝撃音吸収性と防滑性、耐候性、簡易な施工性を兼ね備え、静かで安全面を配慮した快適な共有空間がつくれます。

イメージ

騒音や危険が伴う解体工事、仮設・足場施工ですが、これらは新築や改装では必ず行う、身近な工事です。

だからこそ安心安全を第一に、環境にまで配慮した工事を行います。当社では、戸建、マンション、ビル、店舗、プレハブまで幅広く対応しております。

イメージ

洗濯機のお掃除なら当社にお任せ!お気軽にお問い合わせ下さい。

リンク
バナー
  • ファックス番号
  • その他の工事
  • コーキング工事
  • 防水工事
  • 足場組立、解体
  • 関連メーカー様
  • DNT様
  • 菊水化学工業株式会社
  • ダイフレックス様
  • ミズタニ
  • リンク